お金に関する様々なこと、知らないと損するお金の話題についてまとめたサイトです。

ご融資どっとこむに審査落ちしてしまった場合は・・・

この記事ではご融資どっとこむ審査落ちしてしまった場合どうしたらよいかということについて書いていきます。
ご融資どっとこむは比較的審査の緩い中小消費者金融になりますがもちろん審査落ちしてしまうこともあります。
審査落ちする可能性がある人はどういった人かまた審査落ちしてしまった場合はどうしたらよいかということについて書いていきます。

ご融資どっとこむで審査落ちしてしまった…または審査落ちしてしまったらどうしよう…と不安になる時もありますよね。
このエントリーではご融資どっとこむで審査落ちしてしまう理由や審査落ちしてしまう人の特徴について書いていきます。

ご融資どっとこむで審査落ちしてしまう可能性のある人

ご融資どっとこむは比較的審査の緩い中小消費者金融になっています。
中小消費者金融とはいえ、もちろん消費者金融と同様申込者の属性や信用情報に基づいて審査は行います。
それではご融資どっとこむで審査落ちしてしまう可能性が高い人どういった人なのでしょうか。書いていきたいと思います。

過去に支払いの遅延がある人

多くの消費者金融は指定信用情報機関(CIC)や日本信用情報機構(JICC)に照会を行うことで

  • 過去にどのくらい借金があったか?
  • また過去に支払い遅延などはあったのか?

ということを確認することができます。
ここで過去5年以内に支払いの遅延などがあったと記録されている場合、ブラック属性と認定されてしまい融資が受けられないことがあります。

本人の返済能力を超えて既に融資を受けている場合

また、すでに他の金融機関などからお金をたくさん借りている、
本人の返済能力を超えて既に融資を受けていると判断された場合、融資を受けられない(審査落ちしてしまう)ことも考えられます。
貸金業法によって総量規制といって年収の1/3以上は借り入れができないことになっています。
すでに年収の1/3以上のお金をどこかからか借りている場合はそれ以上の借入はできなくなっている可能性があります。

いきなり多額の融資を希望した場合

ご融資どっとこむのフリーローン「ご自由にどうぞ」は融資額5万円から50万円のフリーローンとなります。
しかし、こういった中小消費者金融の場合、いきなり満額(50万円)を貸してくれることはあまりないと言えます。
まずは10万円程度から少しずつ信用を積み上げ、借り入れできる金額を少しずつ増やしていくというのが一般的です。
最初からいきなり50万円の借入を希望された場合収入などの状況によっては融資はできないと判断され審査落ちしてしまうことも考えられます。

申し込み内容に虚偽が認められる場合

申し込み内容と実際のあなたの状況に乖離がある場合(たとえば年収500万円で申し込みをしたのに、実際は無職であり年収はなかったという場合)は、申し込み内容と実際の内容に乖離がある虚偽の申し込みと判断されて否決されてしまう可能性があります。
本審査の際には所得証明書などをご融資どっとこむには提出することになりますので申し込みの際は所得証明書と申し込み内容を一致させるようにしましょう。

本審査の際には

  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • 直近二ヶ月以内の給与明細書または源泉徴収票

が必要になります。
給与明細などの情報から会社名などは結局わかってしまうので申し込みの際は極力、正直に書くようにしたほうがおすすめと言えます。

すでに申し込みブラックというものになってしまっている

ご融資どっとこむは一般的な街金融になります。一般的な街金融はおおむねすべて、申し込み者が直近で何件のキャッシングに申し込みをしたか?を信用情報などから確認することができます。
この際あまりにも多くの街金融に申し込みをしている場合、「どこからでもたくさんのお金を借りてしまいそうな人だ」と判断されて申し込みの時点で否決されてしまうことがあります。(これが俗にいう申し込みブラック)
これは、何件申し込んだら申し込みブラックになるのか?ということについては正式に公開はされていませんが、おおよそ1か月内に4件以上の申し込みをしていると申し込みブラックになってしまうといわれています。

ご融資どっとこむで審査落ちしてしまった場合どうしたらよいか

ご融資どっとこむで審査落ちしてしまった場合、なぜ審査落ちしてしまったのかということを考える必要があります。
例えば最初に書いた通り指定信用情報機関(CIC)や日本信用情報機構(JICC)の信用情報に傷があるという場合、他の金融業者に申し込みをしても同じように否決されてしまう可能性が高いです。

そういった状況でもどうしても借りたいと言う場合は、ブラックでも比較的前向きに融資を検討してくれるキャッシングエニーなどで、まずは少額の融資を申し込みすることが重要と言えます。
キャッシングエニーは口コミで「ブラック属性であっても10万円までなら借りれた」という声が多く聞こえている街金融になります。
多少ブラック属性がある申込者であっても会社によっては10万円までであれば貸してくれるというようなところは存在しています。

ご融資どっとこむで審査落ちしてしまった場合は他にもブラック属性向きの融資をしてくれる消費者金融はありますのでそういったところにも相談をしてみるのが良いと言えます。

総量規制に該当していて審査落ちしてしまった場合

ご融資どっとこむで否決されてしまう可能性としてすでに総量規制に該当してしまっているということも考えられます。
総量規制とは貸金業法に基づき年収の1/3以上借りることができない決まりのことです。これに該当をしてしまう場合、一般的な街金融からはさらなる借り入れは不可能になります。
こういった場合はまずはおまとめローンなどを行うことで月々の支払い金額を少なくすることで対応をしていくと良いといえます。
注意するべきは総量規制に該当してしまうと他の街金融からは借りることはまずできません。
こういった場合はいかにして月々の支払いを少なくするかということを考えていく必要があります。

総量規制に該当していて審査落ちしてしまった場合債務整理を勧められることも・・・

インターネット上の口コミを見ていると、ご融資どっとこむの場合、申し込みしたがすでに債務超過に陥っていて、審査落ちとなる場合、少しでも月々の支払いを楽にするために債務整理を進めてくるケースもあるようです。
その場合、知り合いの債務整理などに強い法律事務所としておしなり法律事務所を紹介してくることがあるようです。

他社で否決されてしまったデータはどれくらい残る?

ご融資どっとこむなどの街金で否決されてしまった場合、その記録はどのくらい残るのでしょうか?
一般的にはCIC,JICCともに6か月間である、と言われています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オカネノワダイ執筆&監修

菊池幸一
現在37歳。学生時代に学生ローンと奨学金を組んでから借金の道に。
自身は最大で奨学金は230万の借り入れ、学生ローンは最大30万円の借り入れ。奨学金は現在返済中。
そのきっかけから金融サイトの運営に携わる。元銀行員、消費者金融の関係者の方々の意見を聞きながら、広く、金融関係についての記事を執筆しています。

5月の人気記事

↑173PVでした。ブラック属性の強い方でも貸してくれると評判の神金融についてまとめています。

↑43PVでした。中央リテールに関する記事です。中央リテールはおまとめローンになります。契約の際はクレジットカードの解約を迫られるようです。

↑先月は中央リテール関係の記事が読まれていたようです。28PV