お金に関する様々なこと、知らないと損するお金の話題についてまとめたサイトです。

スカイオフィスは総量規制の対象外という噂は本当?

スカイオフィスの評判、審査の流れ

スカイオフィスは総量規制の対象外って聞いたけど本当?
総量規制中だけどスカイオフィスから借りれるなら借りたい・・・
そういった声にこたえます。

まず結論からです。残念ながらスカイオフィスは総量規制の対象になります。
すでに年収の三分の一以上借入している場合は、スカイオフィスではそれ以上お金を借りることはできません。

スカイオフィスは総量規制の対象外?

スカイオフィスは福岡にある消費者金融です。
以前はニッセイ・ニッセイキャッシングという社名で営業をしていましたが、日本生命と名前が似ているということでスカイオフィスへと名前を変更しています。
福岡ではかなり有名な消費者金融となり消費者金融の中では比較的有名です。

スカイオフィスキャッシングは総量規制の対象?

スカイオフィスの場合1万円から50万円の少額融資に力を入れているようです。
金利は15.0%から20.0%で最大50万円まで貸付をしています。

スカイオフィスキャッシングの内容

融資金額1万円~50万円
貸付利率15.0%~20.0%
返済方法元利均等方式
返済期間・回数借入日から最長5年以内・最長60回
担保・保証人原則不要
毎月返済日契約者が指定した毎月一定日迄

スカイオフィスはキャッシングを専門にしている消費者金融になり、一度まとまったお金を借りてその後は返済をしていくというような流れになります。
追加でさらにお金を借りたいと言う場合は再度追加申し込みをする必要があります。

【結論】スカイオフィスも総量規制の対象です【悲報】

スカイオフィスは消費者金融にあたるので貸金業法を守る必要があります。
貸金業法の中には年収の1/3以上顧客に融資してはいけないという決まりがありスカイオフィスもこの対象になります。
スカイオフィスについては一般的な消費者金融でありますので貸金業法を守らなければならず総量規制の対象になります。

総量規制とは

総量規制とは2010年に貸金業法で定められたもので、「本人の返済能力を超えるお金を貸し付けしてはならない」というルールになります。
これによりすでに年収の1/3以上お金を借りている人に対しては消費者金融はお金を貸すことができません。
総量規制の例外はいくつかあり、おまとめローンなら例外になります。

このほかには個人事業主や法人が事業用資金として借入する場合は例外になります。

おまとめローンとは数社以上から借りているお金を一社に一括することを指します。
おまとめローンを組むことによって月々の支払いが少なくなったり総支払額を減らすことができたりします。


スカイオフィスが提供しているようなフリーローン全般はほとんど総量規制の対象になります。

総量規制の対象外はおまとめローン

総量規制は年収の1/3以上借りられないという貸金業法の決まりになります。しかし一つだけ例外があります。
それはおまとめローンになる場合は総量規制の対象外ということです。
しかしながらスカイオフィスに関しては少額融資に力を入れている消費者金融になるようでおまとめローンに関しては取り扱いがないようです。


スカイオフィスについては、残念ながらおまとめローンの取り扱いがありません。

スカイオフィスでは総量規制の対象外となるおまとめローンの取り扱いがない

残念なことに使いオフィスでは総量規制の対象外となるおまとめローンについては取り扱いがないようです。
元々スカイオフィスは1万円から50万円までの少額融資に力を入れている会社でおまとめローンのように契約金額が大きくなる商品については取り扱いはないようです。
総量規制の対象外となるおまとめローンをどうしても利用したいという場合はスカイオフィス以外におまとめローンを提供している消費者金融に申し込みをする必要があります。

スカイオフィスで総量規制の対象外となるケース

しかしながら総量規制にもいくつか例外はあります。
これは例外貸付と言って社会通念上どうしてもお金が必要だと判断される場合は総量規制の例外になることがあります。
代表的なのは緊急の医療費は総量規制の対象外となります。
緊急に治療が必要でそのためにお金が必要だという場合は総量規制の対象外となります。
総量規制に該当しているけれどもどうしても医療費で緊急にお金が必要という場合はその事をスカイオフィスに相談してみましょう。
例外としてお金を借りられる可能性があります。


社会通念上、致し方がない出費、必要になるお金については総量規制の対象外になることがあります。

スカイオフィス以外で総量規制関係なくお金を借りるには【総量規制の対象外ローン】

総量規制とは関係なくお金を借りたいと言う場合は一般的にはおまとめローンがすぐに思い浮かびます。
おまとめローンであれば現在総量規制の対象外になります。
スカイオフィスの場合残念ながらおまとめローンが提供しておりません。
しかしながらおまとめローンを提供している消費者金融は他にもたくさんあります。

※おまとめローンはおまとめ(借り換え)に特化したローン商品となります。
おまとめローンでは新たな借り入れはできないことに注意が必要です。

総量規制対象外で借りられるローン商品一覧【スカイオフィス以外】

総量規制の対象にならないおまとめローンを提供している会社は下記の通りです。
なお、スカイオフィスはおまとめローンについては取り扱いがありませんので表からは外しています。

消費者金融借りれる金額金利(年利)返済期間
キャッシングエニー最大500万5.0~15.0%最長10年
ご融資どっとこむ100万円~2000万円7.3%~15.0%30年以内、360回以内
サンクスダイレクト100万円~700万円7.3%~14.6%5年以内

表を見比べてみたところだと、ご融資どっとこむが金額的に最大2000万まで借りられ、そして最長で返済できるということがわかります。
ご融資どっとこむはご融資どっとこむのほかに、マンモスローンという借換ローンを運営しており、こちらでも借換ローンに力を入れています。

事業用ローンも総量規制の対象外【スカイオフィスでは提供なし】

また個人事業主の事業用ローンも総量規制の対象外になります。
これは個人事業主の場合は事業に一時的に大きなお金が必要になることがあるためです。個人事業主の場合は、設備投資などにお金が必要な時に年収の1/3で規制してしまうと、事業資金が調達できなくなるという理由で事業用として借りるお金については総量規制の対象外になっています。

事業者ローンを借りるためには
ただし、事業者ローンを借りるためには事業計画書や資金繰りの状況がわかる書類の提出が必要になったりします。

しかしながらスカイオフィスの場合は商品としての事業用ローンは提供していません。
フリーローンで最大50万円まで融資を受けることはできますがこれは事業用ローンとしてでなくあくまでフリーローンとして借りる形になります。


事業用ローンなら、総量規制に関係なく借りられます。しかしスカイオフィスでは事業用ローンは提供していませんので総量規制の対象になります。

スカイオフィスの融資対象者は総量規制に達していない人

スカイオフィスは基本的には総量規制の対象になるローン商品です。
従ってスカイオフィスの融資対象者は現場で規制に該当していない人ということになります。

スカイオフィスの審査内容

スカイオフィスでは満20歳以上から69歳以下の安定した収入がある方であれば審査の対象になります。
過去5年以内に他の消費者金融で事故を起こしていないか?また他の会社ではいくらぐらい借りているか?(総量規制の対象になっていないか?)ということを審査の際に確認をされます。

スカイオフィスも総量規制の対象となってしまうので、すでに年収の1/3以上お金を借りているという方はスカイオフィスでは否決されてしまう可能性があります。

【スカイオフィス以外】総量規制で借りられないけど、どうしても追加でお金が必要な場合は質屋の利用を検討


総量規制の関係で追加融資が受けられないという場合で、どうしても追加でお金が必要という場合は、質屋の利用を検討してみるのもおすすめです。
質屋では自宅にあるものを担保にし、お金を借入することができます。

質屋なら総量規制の対象にならない

質屋の場合、ものを預けてお金を借りるものになるため総量規制の対象にならずいくら借金があってもお金を借りることができます。
どうしても返せなくなった場合は質屋に預けたものを質屋に売却することになりますが、実質無審査でお金を手に入れることができますので、手早く現金を手に入れる方法としてはおすすめできます。
また新たに借金が増えることもありませんので経済的にも安心と言えます。


質屋、というとなんだか昔のものというイメージがあるかもしれませんが、手軽に現金を手に入れる手段として今でも有効です。

まとめ、スカイオフィスは総量規制の対象です。

それではこの記事のまとめに入ります。
結論としてはスカイオフィスは総量規制の対象になります。
総量規制の対象となるので年収の1/3以上既に借りている人はスカイオフィスに申し込みをしてもさらに借り入れすることはできません。

また総量規制の対象外となるおまとめローンについてもスカイオフィスは提供をしていません。
しかし月々の支払いが多くお金が必要という人は、おまとめローンを利用することで月々の支払いが少なくなり生活が楽になる可能性はあります。
そういった場合はおまとめローンを提供している消費者金融に相談をしてみるのもアリだと思います。

また総量規制と関係なくお金を借りる方法としては質屋を利用するという手もあります。
質屋は家にあるものを担保に預けてお金を借りると言う物になりますがこれは家にあるものを預ける形になるので現場いくら借金があってもお金を借りることができます。
スカイオフィスについては少額融資に力を入れている消費者金融になります。
現状他ではお金は借りておらず、(借りていたとしても2社まで)1万円から50万円までの範囲内で少しだけお金を借りたいという場合に申し込みをすると良いといえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オカネノワダイ執筆&監修

菊池幸一
現在37歳。学生時代に学生ローンと奨学金を組んでから借金の道に。
自身は最大で奨学金は230万の借り入れ、学生ローンは最大30万円の借り入れ。奨学金は現在返済中。
そのきっかけから金融サイトの運営に携わる。元銀行員、消費者金融の関係者の方々の意見を聞きながら、広く、金融関係についての記事を執筆しています。

5月の人気記事

↑173PVでした。ブラック属性の強い方でも貸してくれると評判の神金融についてまとめています。

↑43PVでした。中央リテールに関する記事です。中央リテールはおまとめローンになります。契約の際はクレジットカードの解約を迫られるようです。

↑先月は中央リテール関係の記事が読まれていたようです。28PV