お金に関する様々なこと、知らないと損するお金の話題についてまとめたサイトです。

ご融資どっとこむの二次審査では在籍確認はあるか

この記事ではご融資どっとこむの二次審査と在籍確認の有り無しについて書きます。
ご融資どっとこむの場合は一次審査(仮審査)と二次審査(本審査)在籍確認があります。
二次審査を無事通過するとご融資どっとこむでは融資を受けることができます。

ご融資どっとこむに限らずほとんどの街金融では一次審査と二次審査があります二次審査(本審査)通過することで晴れて融資を受けることができます。
また二次審査において気になるのは在籍確認はあるのかということですよね。ここについても書いていきます。

一次審査と二次審査

ご融資どっとこむに限りませんがほとんどの街金融では一次審査二次審査があります。
一次審査は簡単に言うとWeb上での申し込みの内容確認です。

Webの申し込みの段階でたとえば、「無職」で申し込みをしてしまうと収入がないとみなされてしまうので融資を受けることはできません。
サラリーマンなどであれば定期収入はあるとみなされるのでこの時点で一次審査(仮審査)は通過することになります。

一次審査を通過すると次は二次審査(本審査)に入ります。

本審査はどこの街金融でも一般的に行われていることになります。
 

ご融資どっとこむの本審査

ご融資どっとこむの場合はまず店頭来店が前提になるようです。
本審査を受ける場合は店頭まで出向かなくてはなりません。
遠方で店頭まで出向くのが難しいという場合は本審査に通る確率は低くなると思います。

ご融資どっとこむの二次審査(本審査)で見られることは
ご融資どっとこむに限りませんが多くの街金融の場合、二次審査では「信用情報」「属性情報」を見られることになります。
 

信用情報とは

信用情報とはCIC(指定信用情報機関)に保存されている信用情報になります。
ここでは

  • いくらくらい借入があるのか
  • 最近の借入はいつか
  • 次の返済日は?

ということが確認でき、
返済に遅れがないか、また借り過ぎではないか(総量規制に該当しないか)といったことが確認されます。

ここで他社の支払いを延滞中であったり借り過ぎであるということがわかってしまった場合本審査を否決されてしまう可能性もあります。

属性情報とは

属性情報とは借りる人の

  • 名前
  • 勤め先
  • 住所
  • 年収

といった情報になります。

これらの情報はすでに一次審査(Webの申し込みの時点)ですでにフォームに入力してあるものも含まれますが、本審査の場合はそれらを証明する書類が必要になります。

特に年収に関しては総量規制に該当しないか、収入の割に借りすぎではないかと言ったことを判断するのに重要な情報となります。
ここで年収の1/3以上既に借り入れがあるという場合は総量規制に該当してしまうため新たな借り入れができなくなる場合もあります。

本審査の際には所得証明書など年収がわかるものをご融資どっとこむに提出する必要があります。
 

信用情報とは:
信用情報とはCIC(指定信用情報機関)やjicc(日本情報機構)に登録されている情報のこと。
これらを開示することで申込者には

  • いくらぐらい借り入れがあるのか
  • 最近の借り入れはいつか
  • 次の返済日はいつか

といったことが確認できる

属性情報とは:
属性情報とは申込者そのものの情報のこと
貸金業者においては

  • 勤め先
  • 年収
  • 住所
  • 氏名

を確認してくる。
※本審査の際は申込内容に虚偽がないことを示すために証明書などの提出が必須

 

在籍確認について「勤め先の情報から在籍確認をされることはあるか?」

ご融資どっとこむに限りませんが、ほぼ全ての街金融は、申し込みした人が働いていることを確認するために在籍確認は行います。
しかしプライバシーに配慮することが前提となっているので、金融会社であることがわかるような形で勤務先に電話をすることはありません。
ご融資どっとこむの場合も、「友人」といったテイで在籍確認を行ってくれます。

ご融資どっとこむの在籍確認

ご融資どっとこむオペレーター「私、〇〇さんの中学時代の友人の佐々木と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」

会社の方「あいにく、〇〇は席を外しております。ご用件はなんですか?(この時点で在籍確認は完了)

ご融資どっとこむオペレーター「いえ、個人的なことなのですみません。それでは本人に連絡いたします。」

 

上記のようにご融資どっとこむの在籍確認は会社へ確認が取れた時点で完了します。(本人が電話窓口に出る必要はありません。)

また上記のようにご融資どっとこむは金融機関であることは名乗らずプライバシーに配慮し「友人」という形で連絡することになります。
 

ご融資どっとこむの場合はとりあえず申し込みをしてみることも大切

ご融資どっとこむにおいては大手消費者金融と比べると比較的規模の小さい中小消費者金融と言うことができます。
ホームページを見たところですと「まずは問い合わせください」「まずはご相談ください」といった内容が目立ちます。

テレビCMなどを打っていない小消費者金融になりますので、大手よりもお客さんを選ばない傾向はあるかもしれません。
よってブラック属性のある方でも、ある程度は柔軟な審査をしてくれることは期待できます。

例えば「生活費のために10万円必要」という場合であれば、
10万円は金融としては少額になりますのでブラック属性の方であっても気軽に貸してくれる可能性は高いといえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オカネノワダイ執筆&監修

菊池幸一
現在37歳。学生時代に学生ローンと奨学金を組んでから借金の道に。
自身は最大で奨学金は230万の借り入れ、学生ローンは最大30万円の借り入れ。奨学金は現在返済中。
そのきっかけから金融サイトの運営に携わる。元銀行員、消費者金融の関係者の方々の意見を聞きながら、広く、金融関係についての記事を執筆しています。

5月の人気記事

↑173PVでした。ブラック属性の強い方でも貸してくれると評判の神金融についてまとめています。

↑43PVでした。中央リテールに関する記事です。中央リテールはおまとめローンになります。契約の際はクレジットカードの解約を迫られるようです。

↑先月は中央リテール関係の記事が読まれていたようです。28PV