お金に関する様々なこと、知らないと損するお金の話題についてまとめたサイトです。

キャレントのネット申込・詳細説明

このページでは、中小消費者金融のキャレントについて書いていきます。
キャレントは即日融資にも積極的な東京都品川区に事務所を置く金融会社です。

キャレントは、即日融資にも積極的な東京都の金融会社になります。もちろん、即日振込は全国対応です。
ネットからなら、365日24時間、いつでも融資を受け付けていて、申込も3分で終わります。
かなり心強い会社です。

 

即日融資にも積極的なキャレントの申込ページはこちらから

キャレントのWeb申込ページはこちらになります。
申込が完了すると、電話で本人確認があります。
それと、融資実行の際には身分証を求められますので、免許証など、すぐに提出できる身分証を準備しておく必要があります。
 

キャレントは、カード不要で振込可能な金融会社になります。

すぐに現金が必要・・・!だけどカードはちょっと・・・という方も多いと思います。そういう方にはズバリキャレントはおすすめです。
キャレントは、申込後、審査が完了すると、指定の口座にお金を振り込んでくれます。カードなどの発行はありません。
また保証人不要、来店も不要でお金を貸してくれるので、急にお金がなくて困った、という時に非常におすすめです。

引用:キャレント公式ホームページ
 

返済方法は2通り

カードがないと・・・お金を借りたことも忘れてしまいそうですが、借りたからには返す必要はもちろんあります。
キャレントの場合は、指定の口座へ直接お金を振り込むか、銀行振替でお金の返済をしていくことができます。
銀行振替ならわざわざお金を振り込む手間が省けますので、楽です。
 

融資金額は1万円~500万円まで

融資金額は審査の内容にもよりますが、最大で500万円まで借りることができます。
金利は、7.8%~18%になっています。
返済期間は、最長で120ヶ月まで伸ばすことが可能です。
保証人や担保は原則不要となっています。
⇒より細かな詳細は、公式ページをご確認ください。
 

よくある質問 ※公式ページより

下記、公式ページのよくある質問より抜粋します。

質問:申込の際に在籍確認はありますか?職場の人にはバレたくないのですが・・・

本人確認と、働いていることの確認をするために職場へはお電話は致します。しかしながら、充分にプライバシーに配慮した上で電話をしてくれるとのことです。
恐らくですが、金融機関だとわかるような確認の仕方はしないはずです。
 

質問:申込したことが誰かにバレることはない?

プライバシーの保護には万全を期しているとのことです。
 

家族や会社にバレたくないのですが、書類の郵送などはありますか?

書類の郵送は致しますが、プライバシーに配慮の上書類郵送は行うとのことです。
金融機関と分かるような送り方はしないということだと思います。
 

キャレントの審査は厳しい?

キャレントで借りたいという方向けに、キャレントの審査情報を集めてみました。
キャレントは、比較的審査は厳しめで、場合により他のもっと借りやすい金融機関を紹介してくれたりするケースもあるようです。


引用:キャレント公式ホームページ
 

キャレントは闇金かどうか?

キャレントは、東京都知事(3)第31399号 日本貸金業協会会員 第006016号と資格を所有していることをホームぺージに明記しています。
闇金とは資格を持つことなく貸金業を行う業者を示す言葉になります。
キャレントは、東京都から許可を得ていますので、闇金ではないと言えます。
 

キャレントを実際に利用してみた人の口コミ・評判

今のところ、キャレントで実際に借りれた、という口コミは少ないようです。
ひょっとしたらキャレントという名前の金融業者は複数ある可能性があります。
ひとつは福岡の業者で、こちらのキャレントは、申込をすると@ネクストに申込を促されるとのことです。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オカネノワダイ執筆&監修

菊池幸一
現在37歳。学生時代に学生ローンと奨学金を組んでから借金の道に。
自身は最大で奨学金は230万の借り入れ、学生ローンは最大30万円の借り入れ。奨学金は現在返済中。
そのきっかけから金融サイトの運営に携わる。元銀行員、消費者金融の関係者の方々の意見を聞きながら、広く、金融関係についての記事を執筆しています。

5月の人気記事

↑173PVでした。ブラック属性の強い方でも貸してくれると評判の神金融についてまとめています。

↑43PVでした。中央リテールに関する記事です。中央リテールはおまとめローンになります。契約の際はクレジットカードの解約を迫られるようです。

↑先月は中央リテール関係の記事が読まれていたようです。28PV