お金に関する様々なこと、知らないと損するお金の話題についてまとめたサイトです。

フクホーは申し込みブラックでも借りれる可能性あり

フクホー

フクホーは申し込みブラックでも借りられるか。たくさんの消費者金融に申し込みをしてブラックになってしまったかもしれない…フクホーでは借りられるのでしょうか。

フクホーは申し込みブラックでも借りられる可能性のある消費者金融になります。
これはフクホーが信用情報にとらわれない柔軟な審査を行っているからで、仮に申し込みブラックの方であっても申し込み内容や申し込み者の現在の状況によっては、特に問題なくお金を借りることができます。

フクホーへの申し込みはこちらのエントリーから行えます

フクホーは申し込みブラックでも借りれるかも

結論から言うとフクホーは申し込みブラックの形でも融資してもらえる可能性があります。
これはフクホーは「現在のあなた」を見て独自の審査をしているからであり、申し込みブラックの方であってもきちんと仕事をしていて所得があるなど返済能力が認められれば貸してもらえる可能性があります。

フクホーは申し込みブラックかどうかよりも返済能力を重視

フクホーの特徴として多少金融ブラックであっても現在の返済能力に重きを置いている消費者金融になります。
現在の返済能力が認められれば融資を行ってくれることが多い消費者金融になります。
したがって申し込みブラックの方でも電話対応や必要書類の提出など、基本的な受け答えを特に問題なくできていれば審査をしてもらうことができます。


フクホーは申し込みブラックの方であっても、現在仕事をしていて収入がある方であれば問題なく融資を受けられる可能性があります。

フクホーは個人再生経験者や債務整理経験者でも融資

フクホーの場合個人再生経験者や債務整理経験者であっても現在の借入残高がゼロであればフクホーの場合は問題なく融資をしてくれます。
実際に自己破産三年目以内の方でもフクホーでなら借りれたという声が多く聞こえてきます。

これはフクホーは「その人の現在の返済能力」を重視するからです。
現在の返済能力を重視するため

  • きちんと収入があること
  • 返済の意思があること

この2点がしっかりとしていれば問題なく借りることができます。
申し込みブラックの方でもこの例外ではありません。

フクホー以外の消費者金融は嫌がる、申し込みブラックとは

ここで念のため申し込みブラックとはどういう状態かについても触れておきます。
申し込みブラックとは短期間の間にたくさんの消費者金融に融資の申し込みをした結果ブラックになってしまうことを言います。
短期間のうちにたくさんの消費者金融に申し込みをしているということは金融会社から見ると「この人はたくさんお金を作ってしまう人かもしれない」「この人は返済能力を超えてお金を借りようとする人なのかもしれない」と心配になります。
その結果申し込みをしただけでも否決されてしまう状態になります。これが申し込みブラックです。

申込情報は信用情報機関に記録されているので申し込みブラックになる

あまり知られていないことですが消費者金融に融資の申し込みをしたということは個人信用情報機関に半年間は登録されることになっています。

そしてこの個人信用情報は一般的な消費者金融であれば内容を照会することができます。
つまり半年のうちにたくさんの消費者金融に申し込みをしていた場合、その情報が個人信用情報に記録され申し込みブラックになってしまう可能性が出てきます。

具体的に何件の消費者金融に申し込みをすれば申し込みブラックになるのか

では具体的に何件の消費者金融に申し込みをすると申し込みブラックになってしまうのでしょうか。
申し込みブラックの基準は特に公開はされてはいませんが1ヶ月2、3社から5社以上の申し込みを行っている人の場合申し込みブラックになってしまう可能性が高いようです。


申し込みブラックについては定義は各社とも公表していませんが、おおよそ、1ヶ月の間に3件から5件くらいの申し込みを続けて行うと申し込みブラックになってしまうようです・

ただし、申し込みをしたという記録は半年で消えるので半年待てば大丈夫

この申し込みをしたという情報は保管期間は6ヶ月になります。
つまりどこの消費者金融にも申し込まない期間が6か月以上続いた場合は自然と申し込みブラックではなくなります。
もしも自分が申し込みブラックになってしまったかもしれないと不安な方は6ヶ月間どこにも申し込まない期間を作ってみてください。
6ヶ月経っていればその情報は個人信用情報から自然と消去され申し込みブラックではなくなっているはずです。

消費者金融へ申し込みをしたという情報は、おおよそ半年で消去されるようです。
自信が申し込みブラックではないかどうしても不安という方は、半年空けてから申し込みをするとより安全になると言えます。

申し込みブラックかどうか確認する方法

申し込みブラックかどうかは各信用情報に対して開示請求を行うことで確認することができます。
フクホーなどの消費者金融の場合はJICCとCICに個人信用情報の照会を行うのでJICCかCICに個人信用情報の開示を行ってください。

信用情報機関必要なもの開示手数料開示請求
CIC本人確認書類
免許証など
500円~1000円こちらから
JICC本人確認書類
免許証など
1000円こちらから

CICは主にクレジットヒストリー(クレジットカードの利用状況)、JICCは消費者金融からの借り入れ状況などを確認できます。

申し込みブラックの前に念のためフクホーの審査対象について確認

申し込みブラックではないですがフクホーの場合申し込みをしても必ず否決されてしまう属性も中にはいます。

  • 他社延滞中の人
  • 自営業、会社役員の人

上記に当てはまる方は、たとえ申し込みブラックでなくてもフクホーの審査を受けることはできないので注意してください。

他社延滞中の人は申し込みブラックでなくともフクホーでは審査できない

またフクホーの場合は他社延滞中の形は審査をしてもらえません。
これはホームページにもしっかりと明記されています。

ただし延滞期間によってはフクホーにばれないこともあるようです。

他社延滞中の場合は61日以上延滞しているという場合金融ブラックになっている可能性があります。
金融ブラックになっていると多くの消費者金融では非常に融資を受けづらい形になるので気をつけるようにしてください。

自営業会社役員の人は申し込みブラックではなくてもフクホーの審査は通りません

またフクホーの場合は個人事業主や会社役員の方は融資を受けることができません。
これもホームページに記載されています。
個人事業主(自営業)や会社役員の方の場合は所得が安定していないとみなされるようです。
この場合はたとえ申し込みブラックでない状態であってもフクホーの審査を受けることはできないので注意してください。


会社の役員や自営業に当たる方は、残念ながらフクホーでは申し込みをすることはできません。

その他66歳以上あるいは健康保険証を持っていない方もフクホーの審査対象外になります

またフクホーの場合は66歳以上の方も審査は厳しくなってしまうようです。
66歳以上のかたは年齢制限のない消費者金融に申し込みをすることがお勧めになります。

フクホーの場合は提出書類が少し多い消費者金融になります。
健康保険証を持っていない場合は申し込みブラックでなくともこちらも融資を受けられない可能性が高くなるので注意してください。

フクホーは申し込みブラックでも借りれるかのまとめ

それでは簡単ですがこの記事のまとめに入ります。
まず結論ですがフクホーは申し込みブラックの方でも融資してもらえる可能性があります。
これはフクホーは申込者の現在の返済能力に重きを置いているためです。
フクホーは申込者の現在の返済能力に重きを置いているため少しくらい金融ブラックの要素があっても前向きに融資を検討してくれます。

ただし、そんなフクホーも他社延滞中の人は基本融資を行っていないようです。
また会社役員の方や自営業の方、また66歳以上の方や健康保険証をお持ちでない方はたとえ申し込みブラックではなくともでは審査の対象外になってしまうので注意してください。

申し込みブラックになってしまう可能性としては月に3件から5件以上消費者金融へ同時に申し込みを行うと申し込みブラックになってしまう可能性があります。
申し込みブラックになっていないか不安という方はフクホーの場合はJICCかCICに信用情報の開示請求を行えば確認することができます。

まだ申し込みの記録については6ヶ月間保持されることになっています。
6ヶ月以上経てば申し込みをしたという記録は自然と消えることになるので自分は申し込みブラックかもしれないと不安な方は6ヶ月の間は消費者金融への申し込みを控え6ヶ月経ってから申し込みをするようにすれば大丈夫です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オカネノワダイ執筆&監修

菊池幸一
現在37歳。学生時代に学生ローンと奨学金を組んでから借金の道に。
自身は最大で奨学金は230万の借り入れ、学生ローンは最大30万円の借り入れ。奨学金は現在返済中。
そのきっかけから金融サイトの運営に携わる。元銀行員、消費者金融の関係者の方々の意見を聞きながら、広く、金融関係についての記事を執筆しています。

5月の人気記事

↑173PVでした。ブラック属性の強い方でも貸してくれると評判の神金融についてまとめています。

↑43PVでした。中央リテールに関する記事です。中央リテールはおまとめローンになります。契約の際はクレジットカードの解約を迫られるようです。

↑先月は中央リテール関係の記事が読まれていたようです。28PV