お金に関する様々なこと、知らないと損するお金の話題についてまとめたサイトです。

超ブラックでも作れるクレカ【審査に通るヒント】

超ブラックでも作れるクレカってあるの?
お金を借りすぎて超ブラックになってるかもしれない・・・
超ブラックでも作れるクレカを知りたい・・・
そんな声にこたえます。

いろいろなところでお金を借りて返せないと、超ブラックという状態になってしまいます。
ではこのような状態でも作れるクレカはあるのでしょうか?このエントリーではまとめています。

またすぐにお金が必要で超ブラックでも作れるクレカをお探しの方は、
超ブラックでも借りれる金融についてもご紹介しているページがありますのでそちらもあわせてご覧ください。

超ブラックでも作れるクレカはずばりコレ

超ブラックでも作れるクレカはずばちこちらです。

  • 審査が超緩いと評判のライフカード
  • ブラックでも案外作れると評判のアメックスゴールドカード

になります。
それでは一つ一つ見ていきましょう。

超ブラックでも作れるクレカ代表①ライフカード

ライフカードは超ブラックでも作れるクレカとして有名です。
ライフカードデポジットは先に年会費と限度額分のデポジットを支払うことでブラックの方でも作りやすい仕組みになっています。
こちらは通常のライフカードとは違い年会費を支払う必要はあります。
(サイトによってライフカードデポジットと表記されていたりするようです。)
ライフカードのサイトを見ると通常のライフカードと同じような扱いで紹介されているので少しややこしいですが、ブラックの人でも作れるライフカードに関しては年会費がかかるようです。


ライフカードは超ブラックでも作れるクレカの代表格です。年会費は必要ですが、超ブラックでも審査に通りやすいと評判です。

超ブラックでも作れるクレカ代表②アメックスゴールド

アメックスゴールドカードはブラックでも意外と作れるクレカとして有名です。
アメックス自体が外資系の企業ということもある審査基準は日本のクレカと少し違うのかもしれません。
アメックスと言うとグリーンカードが手軽なイメージがあります。
アメックスについては最近は取得難易度も落ちてきたという噂もあります。

アメックスゴールドは以前は敷居の高いイメージではありましたが、最近はそうでもなくなってきたようです。独自の審査で超ブラックでも作れるクレカとして近年では有名になってきました。

超ブラックでもクレカの審査に通りやすくするには


超ブラックの方でもクレカの審査に通しやすくする方法はあるの?

現状超ブラックの方でもクレカの審査に通りやすくする方法があります。

  • キャッシング枠を設定しない
  • 申し込みの際は固有の電話番号も記載する
  • 複数のクレジットカード会社に同時に申し込みをしない

ということがポイントになります。

超ブラックでもクレカを作るなら、キャッシング枠を設定しない

超ブラックの場合、クレジットカードに申し込む際はキャッシング枠を設定しない方が審査に通りやすくなります。
キャッシング枠とは現金を借りることができる枠になりますが、超ブラックの方がキャッシング枠を希望されると審査に通りづらくなるようです。
理由としてはブラックということは「この人には現金を貸し出してもひょっとしたら踏み倒されてしまうかもしれない…」と金融会社が不安に思うためです。
ですので超ブラックでもクレカを作る場合はできれば、キャッシング枠は設定しない形で申し込むと良いと言えます。


超ブラックでもクレカを作りたい場合は、現金を引き出せるキャッシング枠は設定しないようにしましょう。

超ブラックでもクレカを作るなら、固定電話の電話番号も書く

超ブラックでもクレカを作りたい場合は申し込みの時は携帯電話よりも固定電話を書くようにした方が良いようです。
一般的には電話番号は携帯電話よりも固定電話の方が住所が必要になり信用があるとされています。
携帯電話の場合はどこにいてもつながるという便利が一面がある反面、すぐに解約したり電話に出ないという人も多くこういった面ではあまりプラスの評価にはならないのが実情です。


電話番号は、携帯番号よりも固定電話のほうが住所もあるため信頼されやすいようです。

超ブラックと思う場合は、同時期に複数のクレジット会社に申し込みしない

超ブラックでもクレカの審査に通りやすくするためには同時に複数のクレジットカード会社に申し込みをしないということも大切です。
クレジットカードに申し込みをしたという情報はクレジットカード会社によってCICやJICCに登録されることになります。
この時にあまりに短期間に複数のクレジットカードを申し込みしていると「この人は色々なところでクレジットカードを使う人だ」とクレジットカードで判断されてしまい「支払い能力があるのか?」という点でマイナス評価されてしまいます。
ひどい場合は申し込みした時点で否決されてしまうこともあり(俗に言う申し込みブラックという状態)、注意が必要です。


申し込みした時点で否決されてしまう、申し込みブラックには充分気を付けてください。

そもそも超ブラックってどんな状態?

そもそも超ブラックとはどういう状態なのでしょうか?一般にブラックとはCICやJICCで過去に何らかの金融事故を起こしていたり、利用料金の返済を延滞していたりすることを言います。
金融用語では超ブラックという言葉は存在していませんが、インターネット上では3社から4社以上お金を借りていて返済できない状態になっている人を超ブラックと言っているようです。

複数社からお金を借りていて返せないと超ブラックと呼ばれることも・・・

正確には超ブラックという金融用語はありませんが俗には3社から4社以上お金を借りていて現在借りていて、現在返せなくなっているという場合は超ブラック認定されてしまうこともあるようです。
超ブラックになってしまった場合は本来であれば今返すべき金融機関に早急にお金を返すということも大切になります。

h3信用情報は、CICとJICC、JBAの3機関があります。

通称CICJICCJBA
正式名称クレジット情報センター日本信用情報機構全国銀行個人信用センター
加盟企業
利用用途
クレジットカード会社が中心
携帯電話の月賦払い
消費者金融の加盟が一番多い主に銀行が中心に加盟している
日本学生支援機構も加盟
ブラックが消えるまでの期間基本は5年、最長は7年最長で5年最長10年

CICの信用情報開示方法
JICCの開示方法
JBAの開示方法

実は超ブラックではなかったというケースも・・・

過去に金融事故を起こしており自分はブラックになっていると思い込んでいても、すでに5年以上が経過していてブラックではなくなっているということも考えられます。
「久しぶりにクレカに申し込んだら案外通った!」というケースはこのようなケースです。
実はこのようなケースもかなり多いです。
そもそも金融事故とは「返済を61日以上何の連絡もせずに滞った」という場合が金融事故とされており、料金滞納の時点でしっかりと支払っていれば金融事故として扱われていないこともあります。
どうしても心配という場合はCICやJICC、JBAは自分で申し込みをしても信用情報を確認することはできます。


自分は金融ブラックだと思っていたけれど…実はブラックではなかった…!というケースも実際にはあります。

超ブラックでも作れるクレカの特徴

他のカード会社とはちょっと違う目的で発行されているクレカは超ブラックでも作りやすいといえます。
超ブラックでも作れるクレカの特徴としては下記のようなものがあります。

  • 顧客の囲い込みが目的のクレカ
  • 過去のクレヒスよりも現在の収入を重視しているクレカ
  • 他のクレカと審査の方法が異なるクレカ

ひとつひとつ見ていきましょう。

超ブラックでも作れるクレカの特徴①:顧客の囲い込みが目的のクレカ

超ブラックでも作れるクレカの特徴として顧客の囲い込みが目的になっているものがあります。
何かのメンバーズカードを兼ねているものだったり、銀行口座と一体になっているものなどです。
こういったカードは発行することによって長い利用者になってくれることが期待できるため専業主婦のかたでも審査に通ったり超ブラックの方でも審査に通りやすい傾向があります。


流通系のクレジットカードは審査が甘いと評判です。

超ブラックでも作れるクレカの特徴②:過去のクレヒスよりも現在の収入を重視

流通系だったり消費者金融系のクレカはクレジットヒストリーよりも「期日までにきちんと払ってもらえるか」ということを重視しています。
過去にクレジットカードの使い方で少し問題があっても、現在の収入を重視しているカード会社であれば問題なくカードを発行してもらえることがあります。

超ブラックでも作れるクレカの特徴③:他のクレカと審査の方法が異なる

消費者金融系のクレジットカードの場合一般的なクレジットカードと比べると審査が緩い傾向があります。
またアメックスに代表されるような外資系のカード会社も少し違った審査をしている印象があります。
一般的なクレジットの審査はこれまでのクレジットヒストリーも重視される傾向にありますが一方で流通系、消費者金融系のクレカに関しては「現在のあなたの収入」や「期日までに返してもらえるか?」といったところで審査をしてくる印象があります。

超ブラックでも作れるクレカが見つからない時はカードローンもおすすめ

超ブラックでも作れるクレカをどうしても見つけられず近日中にお金が必要という方は、クレカとはまた審査基準の違うカードローン(消費者金融)に申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
消費者金融はクレジットカードとはまた審査の基準が異なるため、超ブラックだと思っていても案外借りられることもあります。

超ブラックでも借りれるローン、キャッシングもある

クレジットカードの場合、色々と審査は厳しいこともありますが消費者金融の場合は様々な角度から申込者を審査してくれるため、クレジットカード会社に断られてしまったとしてもまだまだお金を借りられる可能性はあります。
特に大手ではなく中小の消費者金融であれば独自の審査で貸してくれることもあるので超ブラックになってしまったけれども早急にお金が必要という方は相談してみるのも良いと思います。

たとえば、当サイトでご紹介しているキャッシングエニーは、ブラックの方であっても10万円までなら融資してくれると評判です。

クレカとは審査方法が異なるため、超ブラックでも借りれる

消費者金融やカードローンの場合クレカとは方法が異なります。
クレカの場合は過去のクレジットヒストリーを重視してきますが消費者金融の場合は現在の支払い能力の有無を重視してきます。
また消費者金融でも大手ではなく中小の消費者金融であれば信用情報とはまた別にそれぞれの会社の独自の審査方法で融資を決定してくれたりします。
またカードローンであれば全国ATMをつかって自由に借り入れしたり返済したりすることができます。
超ブラックでどこに行ってもクレカを作れなくて困っている困っているという人は超ブラックでも貸してくれる金融業者を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オカネノワダイ執筆&監修

菊池幸一
現在37歳。学生時代に学生ローンと奨学金を組んでから借金の道に。
自身は最大で奨学金は230万の借り入れ、学生ローンは最大30万円の借り入れ。奨学金は現在返済中。
そのきっかけから金融サイトの運営に携わる。元銀行員、消費者金融の関係者の方々の意見を聞きながら、広く、金融関係についての記事を執筆しています。

5月の人気記事

↑173PVでした。ブラック属性の強い方でも貸してくれると評判の神金融についてまとめています。

↑43PVでした。中央リテールに関する記事です。中央リテールはおまとめローンになります。契約の際はクレジットカードの解約を迫られるようです。

↑先月は中央リテール関係の記事が読まれていたようです。28PV