お金に関する様々なこと、知らないと損するお金の話題についてまとめたサイトです。

もみじファイナンスの営業時間・電話番号・faxなどについて

もみじファイナンスは広島県に本店を置く貸金業者です。
もみじファイナンスの営業時間、電話番号、fax、追加融資はできるのか、ということについて書きます。
登録番号は広島県知事(3)第02698号 日本貸金業協会会員005225号になります。
運営実績としては平成19年に設立された広島県で10年以上営業している消費者金融になり地元ではかなり有名な消費者金融になります。
もみじファイナンスの前はシルバーという消費者金融だったようです。

もみじファイナンスは比較的柔軟性のある審査で評判の高い消費者金融になります。
債務整理中だったけどもみじファイナンスでは借りることができた、という口コミも多くみられます。

もみじファイナンスの公式ホームページへはこちらからどうぞ
⇒もみじファイナンス

もみじファイナンスの電話番号 FAX 番号、営業時間について

電話番号:084-944-7700 ㈹
FAX 番号:084-931-7001
になります

もみじファイナンスの場所、住所などの情報

〒720-0065
広島県福山市東桜町2-7 アインビル2F
になります。


GoogleMapより引用

もみじファイナンスのローン商品について

もみじファイナンスのローン商品について簡単にご紹介いたします。

トラストローン

一般的な中小消費者金融で言うところのフリーローンを、もみじファイナンスではトラストローンと呼んでいるようです。

もみじファイナンスのフリーローン(トラストローン)

  • 融資金額は1万円から最大で50万円
  • 利息は実質年利15.0%から20.0%
  • 返済方法は最長5年以内の10円返済または元利均等払い
  • 遅延損害金が実質年利20%以内
  • 担保保証人は原則として不要
  • 必要書類は健康保険証運転免許証

になるようです。
受付の方法としてはインターネットからの申込み、またはFAXでの申し込みを受け付けているようです。

不動産担保ローン

もみじファイナンスではフリーローンの他に不動産担保ローンも取扱います。
不動産担保ローンでは不動産を担保とすることで最大3,000万円まで借りることができます。
もみじファイナンスの不動産担保ローン

  • 融資金額は最大3000万円
  • 資金使途は事業資金購入資金など原則自由
  • 利息は実質年利9.85%から15.0%
  • 返済方式は元利均等返済元利据置利息払い
  • 返済期間は1年から最長20年以内
  • 保証人は原則として不要
  • 遅延損害金は実質年利20.0%以内
  • 必要書類は健康保険証運転免許証印鑑証明など

もみじファイナンスの審査の流れ

もみじファイナンスの審査の流れについて簡単にご説明します。

申し込み

まず申し込みですもみじファイナンスではインターネット、携帯サイト、電話、来社などで申し込みが可能です。

審査

審査は最短で10分で終わるとのことですが、口コミによると長ければ数日かかることもあるようなので時間にゆとりを持って申し込みをすることが大切というそうです。
また審査の際には本人に電話がかかってくることもあるようです。
親戚の事を聞いてきたりとかなり細かく個人情報について聞いてくるようです。

書類の送付

審査が通った場合にもみじファイナンスから契約用の書類が送られてくるようです。

書類の返送

必要書類に必要事項を記入の上もみじファイナンスに返送します。

融資の実行

書類到着後希望口座にお金が入金されます。
遠方のかたの場合は書類のやり取りに時間がかかるため申し込みから一週間以上は余裕を持っておいた方が良いといえます。

もみじファイナンスの審査にかかる時間と在籍確認について

この項目ではもみじファイナンスの審査について簡単に説明します。

もみじファイナンスでは在籍確認はあるのか

もみじファイナンスも一般的な中小消費者金融と変わりませんので在籍確認はあるようです。
しかし金融機関だと分からないように個人名で電話をしてくれるようです。
お金を借りる事が会社にバレないか心配だという方は会社の方には「クレジットカードを作ったから在籍確認の電話があるかもしれない」と一言伝えておけば良いでしょう。

もみじファイナンスでは申し込みから融資実行まではどのくらいか?即日融資は可能か?

もみじファイナンスのホームページを見ると審査完了までは最短で10分と書いてありますが実際には契約の際に契約書を交わす必要があるため郵送となる場合は振込の実行までに数日は時間がかかるようです。
初期の頃は契約前に振り込みをしてくれたケースもあったようですが、現在は先に契約書の返送が必要になるようです。

もみじファイナンスでは保証料はかかるのか

もみじファイナンスについて調べていると保証料についての記載がたまに見受けられます。保証料については融資金額の5%を以前は保証会社へ振り込みする必要があったようです。
しかし現在は保証料については廃止されたようで融資を受ける際の保証料を支払う必要はなくなりました。

もみじファイナンスは全国対応しているか

もみじファイナンスについて調べていると西日本居住の方を優先に融資をしているという情報やそれ以外の地域でも融資されたという情報をそれぞれ見受けることができます。

西日本優先、しかし全国融資も可能

これを見たところだと地元の方は優遇それ以外のところに住んでいる方は審査内容によって融資可能かどうか決まるというところでしょうか。
西日本に在住でなくても融資されたという口コミもあるようなので相談をしてみるだけならタダという考え方もできそうです。
また、債務整理中であるが可決した、他社からも借り入れが多かったが可決したという口コミも見受けられるので、ブラックの方であっても比較的柔軟に対応をしてくれる消費者金融である、と言えそうです。

もみじファイナンスの増額、追加融資について

もみじファイナンスのホームページを見ていると追加融資の申し込みという項目があります。 すなわちもみじファイナンスは追加融資に対応している貸金業者と言えそうです。
実際に追加融資が行われるかどうかということについては過去に返済の遅延していたりしなければ追加融資は行われることがあるようです。
ただし基本的に審査は厳しめであると言う情報が多いです。

もみじファイナンスの口コミ情報

もみじファイナンスの口コミについて調べているとブラックでも借りれたという口コミや対照的に取り立てはきついというような口コミが多く見受けられました。

もみじファイナンスのポジティブな口コミ

時間はかかったけど借入できた、返済はきちんとします。よかったです。

いつも困ったときに助けて頂いています。これからもよろしくお願いします。

あまり属性のよくない私でも可決を頂きました。融資は書類が届き送り返してからとのことです。

もみじファイナンスのネガティブな口コミ

職員が高飛車な態度をとってきます。親類のことなど個人情報をいろいろと聞かれます。

一度借りて、すべて返済してからまた借りようと思ったら今度は否決されました!

もみじファイナンスはブラックでも融資してくれるか

もみじファイナンスは債務整理中の人でも前向きに審査を行ってくれる消費者金融ではあるようです。大手の消費者金融と比べると審査基準は比較的柔軟であると言えそうです。

もみじファイナンスは闇金か?

最後にもみじファイナンスは闇金であるかどうかということについてですが、もみじファイナンスは登録番号は広島県知事(3)第02698号 日本貸金業協会会員005225号と、広島県の許可を得ており正規の消費者金融で間違いありません。
しかし、もみじファイナンスを語る闇金融が活動していることも事実のようです。


もみじファイナンスの公式ページより

もみじファイナンスの公式ホームページ内でも注意喚起されているように、もみじファイナンスの名前を歌う闇金業者が全国に存在しているようです。
こういった闇金業者は実際にある消費者金融の名前を歌い活動をしているケースがあり、もみじファイナンスを名乗る闇金融もいるようなので注意が必要です。

もみじファイナンスを語る闇金に騙されないように

闇金に騙されないためにはもみじファイナンスに申し込みをする際は必ず公式のホームページから行うかまた電話連絡などを行うときは公式の固定電話での連絡かどうかをしっかりと確認しましょう。
もみじファイナンスの電話番号は広島県知事(3)第02698号 日本貸金業協会会員005225号になっており、これ以外の電話番号でもみじファイナンスを騙る電話があった場合は十分に注意する必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オカネノワダイ執筆&監修

菊池幸一
現在37歳。学生時代に学生ローンと奨学金を組んでから借金の道に。
自身は最大で奨学金は230万の借り入れ、学生ローンは最大30万円の借り入れ。奨学金は現在返済中。
そのきっかけから金融サイトの運営に携わる。元銀行員、消費者金融の関係者の方々の意見を聞きながら、広く、金融関係についての記事を執筆しています。

5月の人気記事

↑173PVでした。ブラック属性の強い方でも貸してくれると評判の神金融についてまとめています。

↑43PVでした。中央リテールに関する記事です。中央リテールはおまとめローンになります。契約の際はクレジットカードの解約を迫られるようです。

↑先月は中央リテール関係の記事が読まれていたようです。28PV