お金に関する様々なこと、知らないと損するお金の話題についてまとめたサイトです。

キャッシングエニーで否決、審査落ちた場合の原因と解決策

キャッシングエニーで否決されてしまった、(審査に落ちた)という人向けの記事になります。
審査に落ちる理由とその解決策について書いていきます。

キャッシングエニーはブラックにも積極的な融資をしてくれる街金融として有名ですが、それでも否決されてしまうケースはもちろんあります。
キャッシングエニーで否決されてしまう理由についてこの記事では書いていきます。

キャッシングエニーで否決(審査落ち)してしまう理由は

キャッシングエニーで否決(審査落ち)されてしまう理由はいくつか考えられます。代表的なものをいくつかご紹介します

否決理由その1 正しくない情報で申し込みをした(虚偽申し込み)

キャッシングエニーに否決されてしまう理由として一番多いのは正しくない情報で申し込みをしてしまったということです。
正しくない情報で申し込みをすると書類審査の段階で否決されてしまうことがあります。
例えば勤続年数や年収、雇用形態などで申し込みの内容と実際の状態に乖離がある場合、虚偽申し込みとして否決されてしまうことが考えられます。

キャッシングエニーでは本審査の際に所得証明書の提出などが必須になります。
従って申込みの際に虚偽の内容を書いてしまうと所得証明書と内容が食い違ってきてしまうので審査落ちする理由になります。

キャッシングエニーに限りませんが、消費者金融へ申し込みをする際は、

  • 勤続年数
  • 年収
  • 会社の連絡先

などの情報は正しく入力するようにしましょう。

否決理由その2 無職などで定期収入がない場合

金融機関でお金を借りる際に最も重要になるのは定期収入のあるかないかということになります。
もしあなたが現在、無職で収入がない(年金収入などもない)という場合は定期収入がないとみなされ審査落ちしてしまう理由になります。

否決理由その3 在籍確認が取れない場合

キャッシングエニーに限りませんがほぼ100%の消費者金融はお金を融資する際に申込者が本当に働いているかどうかを確認するために職場への在籍確認を行います。
この際に在籍確認が取れない場合(電話が通じない、会社に通じても在籍の確認が取れない)は在籍確認が取れないものとして審査落ちしてしまう可能性があります。

なお在籍確認は必ずしも本人が電話に出る必要はなく会社に連絡が通じ、同僚などが電話対応してくれた場合でも働いていることの確認は取れたこととみなされます。

否決理由その4 信用情報に傷が付いている

多くの消費者金融は申込者の信用情報を確認するために融資の前には必ず指定信用情報機関(CIC)や日本信用情報機構(JICC)に信用情報の照会を行います。
この際、過去に多くの支払いの遅延が認められるなど、過去の信用情報に何らかの傷がある場合、それを理由に否決(審査落ち)されてしまう可能性はあります。

否決理由その5 他の消費者金融からも多額の借入がある

他には他の消費者金融から多額の借り入れがあるという場合それを理由に否決されてしまうことも考えられます。
総量規制と言って貸金業法では年収の1/3以上お金を貸してはいけないと言う約束になっています。
したがってあなたが既に年収の1/3以上のお金を他社から借りている場合、それを理由に否決されてしまう可能性もあります。

否決理由その6 複数の消費者金融からお金を借りている

複数の消費者金融からお金を借りている場合、今後支払いが困難になる可能性があるとみなされ融資を否決されてしまう場合があるようです。
具体的には4件以上の消費者金融からお金を借りていると審査落ちしてしまうようです。
キャッシングエニーに否決されてしまった場合は他の消費者金融、数社からもお金を借りていないか今一度確認するようにしましょう

否決理由その7 申し込みブラックになってしまっている

同時に何社もの消費者金融に申し込みをした場合「この人はたくさんのお金を借りようとする危険性がある人だ」と判断され申し込みをした時点で否決されてしまうというケースがあるようです。
(これは俗に申し込みブラック)と言われます。
具体的に何件の会社に申し込みをすれば申し込みブラックになってしまうのかというのは数字は公表されていませんがおおよそ直近1ヶ月以内に4件以上の会社に申し込みをすると申し込みブラックになってしまうと言われています。
金融会社は申込書に信用情報を照会することができるため直近1か月以内に何件融資を受けようとしたかということも把握できるようです。

否決理由その8 支払い能力を超えた申し込みをしてしまった

キャッシングエニーの場合フリーローンの1dayダイレクトは1万円から100万円までの枠で融資を受けることができます。
しかし実際のところはいきなり上限の100万円を貸してくれるケースはかなりレアなケースのようです。
ですので、いきなり100万円貸して欲しいと依頼をしても金額が大きすぎるため否決されてしまう可能性があります。
インターネットの多くの口コミを見ていると「10万円までなら貸してもらえた」という口コミが非常に目立ちます。
従っていきなり大きな金額を借りようとするのではなくまずは少額(10万円程度)で申し込みをすることで融資を受けられる可能性があります。

キャッシングエニーで否決(審査に落ちた)されてしまった場合どうしたらいいか【解決策】

キャッシングエニーは比較的審査の緩い消費者金融として有名です。
しかし中には上記のような理由で審査落ち(否決)されてしまうこともあるかもしれません。

そういった場合はキャッシングエニーの他にもブラックに前向きの融資をしてくれる街金業者はありますのでそちらに相談するのが最も手っ取り早いと言えそうです。
東京都在住の方であれば他にはマンモスローンご融資どっとこむなども比較的ブラックに前向きな融資をしてくれる会社として有名です。

他には福岡県のスカイオフィスは条件によっては全国振込での即日融資も行なってくれるようなので検討をしてみると良いと思います。

総量規制に引っかかってしまい審査に落ちた場合はおまとめローンがおすすめ

キャッシングエニーに限らずすでに総量規制の対象になってしまい追加融資が受けられないというケースも考えられます。
こういった場合はキャッシングエニーの場合はエニーのおまとめローンを利用することで月々の支払いが楽になる可能性があります。
おまとめローンの場合は追加で融資を受けることはできませんが月々の支払いは楽になるので日々のやりくりというところでは少し楽になるはずです。

またキャッシングエニーなどの中小消費者金融は取引金額が大きくなる傾向があるおまとめローンに力を入れている場合が多く、「フリーローンは難しいけれどもおまとめローンなら対応が可能」というケースも間々あります。

すでに総量規制に引っかかってしまい追加の融資ができないという場合はおまとめローンの利用を検討してみることもおすすめといえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。