お金に関する様々なこと、知らないと損するお金の話題についてまとめたサイトです。

サンクスダイレクトの審査結果、かかる時間は

このエントリーではサンクスダイレクトの審査にかかる時間、審査結果はどのようにわかる?ということについてお話していきます。
サンクスダイレクトは中小消費者金融の中でもブラックに対して比較的前向きに融資をしてくれる会社になります。
サンクスダイレクトに申し込みを検討している方はぜひこちらのエントリーも確認してみてください。

サンクスダイレクトは、審査時間は約30分とホームページに書いていますが、実際は早くて30分、長ければ通日かかるようです。
また審査結果はメールか電話でもらえるようです。

⇒サンクスダイレクトの詳細ページはこちら

サンクスダイレクトの審査結果はどのような形でわかる?

サンクスダイレクトの場合、ホームページから申し込みを済ませると、おおよそ30分ほどで審査されるようです。
審査が完了すればその結果は電話かメールで届きます。
※審査状況やサンクスダイレクトの混み具合によっては数時間から数日待たされてしまうこともあるようです。

サンクスダイレクトの審査にかかる時間はどれくらい?

先ほども書いた通り、サンクスダイレクトの審査は、最短だと30分で完了するようです。
しかしながら状況によって数時間から数日、かかることもあるようです。

サンクスダイレクトの場合は大手消費者金融と比べると比較的柔軟な審査をしてくれる消費者金融にはなりますが、場合によっては時間がかかることもあるようです。
またサンクスダイレクトの営業時間は9時から18時になります。
18時以降にホームページなどから申し込みをした場合は、審査結果がわかるのは翌日以降になります。

サンクスダイレクトの審査を行う際に必要になる書類

サンクスダイレクトで審査を行う際は、下記の2種類の書類が必要になります。
ホームページから申し込みをした後、下記の2種類の書類の提出を求められることになりますので手元に準備しておきましょう。

  • 身分証(免許証、写真付きマイナンバー、パスポートなど)
  • 収入証明書(源泉徴収票や直近2ヶ月の給与明細)

上記の2点になります。
上記の2点の書類の提出ができればすぐにサンクスダイレクトの審査を受けることができます。

サンクスダイレクトの審査が無事に完了したら

サンクスダイレクトの審査が無事に完了いたしましたら次は契約になります。
無事に完了して融資が可能となった場合、契約は書類で行われます。
必要書類に印鑑を捺印しサンクスダイレクトへ提出することで融資を実行してもらうことができます。

サンクスダイレクトの審査の際にはどんなことが見られる?

サンクスダイレクトでは審査の際には下記のようなことが見られます。
下記のことは消費者金融の業界では主に「属性情報」と言われます。

サンクスダイレクトの審査の際に見られる項目

  • 年収
  • 勤務先、勤続年数
  • 雇用形態
  • 居住年数、居住形態

上記の項目が主にみられるようです。

サンクスダイレクトの審査で見られること①年収

年収については主に総量規制の対象になっていないか、いくらまでなら貸すことができるか?という点で見られる値になります。
総量規制とは、年収の三分の一以上は融資してはならない貸金業法のきまりで、たとえば年収300万の人なら、100万円までなら融資をしても良いことになります。
年収情報を確認することで、サンクスダイレクトはいくらまでなら貸しても大丈夫なのか?を確認することができます。

サンクスダイレクトの審査で見られること②勤務先、勤続年数

勤務先は安定した企業であれば特に問題ないケースが多いです。
勤続年数については、できれば1年以上は勤続していることが望ましいと言えます。

サンクスダイレクトの審査で見られること③雇用形態

雇用形態は、サンクスダイレクトの場合は、正社員、パート、アルバイト、派遣社員、自営業であれば融資してもらえる可能性が高いです。
もちろん雇用形態については、正社員のほうが有利にはなりますが、パートやアルバイトであっても定期的な収入があれば返済能力はあるとみなされます。

サンクスダイレクトの審査で見られること④居住年数、居住形態

居住年数についてはやはり賃貸に住んで1か月目の人よりは、半年以上そこに住んでいる人のほうが評価は高くなる傾向があるようです。
すぐに引っ越しをする人は何かあった際に連絡がつかなくなってしまう恐れがあるためです。
また居住形態については持ち家か賃貸かの場合だと持ち家のほうがより評価が高くなる傾向があります。

サンクスダイレクトの審査完了から融資までの流れ

サンクスダイレクトの審査完了から融資までの流れは下記のような形になります。

  • 申し込み(Web、電話での申し込み)
  • 審査結果の連絡がサンクスダイレクトから来る
  • 融資可能な場合は契約、契約書類の郵送
  • 振り込みでキャッシング

下記に説明していきます。

サンクスダイレクトの審査までの流れ①申し込み

まず申し込みをします。Webと電話、両方から申し込みができます。
電話の場合は営業時間内(9時~18時)ならいつでも可能、Webからの申し込みの場合は24時間いつでも可能です。

サンクスダイレクトの審査までの流れ②審査結果の連絡がサンクスダイレクトから来る

申し込みが終わるとサンクスダイレクトから審査結果がきます。
主にメールか電話で審査結果が来るようです。

サンクスダイレクトの審査が終わったら③融資可能な場合は契約、契約書類の郵送

融資可能となる場合は、サンクスダイレクトとの契約になります。
近くの場合は、来店で、遠方の方の場合は郵送で契約書類を交わすことになります。
郵送の場合は郵便物が届くのにどうしてもタイムラグが生じるので、近くの方はめんどうでも出向いたほうが円滑に契約できることが多いようです。

サンクスダイレクトの審査が終わったら④振り込みでキャッシング

契約が無事に完了すれば晴れて融資を受けることができます。
サンクスダイレクトの場合は、カードレスでキャッシングが可能になっています。
振り込みで融資金額を受けとることができます。

サンクスダイレクトでは審査が通ったら最大いくらまで借りられるの?

サンクスダイレクトで審査が通った場合、最大300万円まで借りることができます。
しかしほとんどの消費者金融にも当てはまりますが、いきなり満額を借りることはむつかしいことのほうが多いようです。
実際には10万円~20万円ほどで融資を受け、返済をすることを繰り返すことで取引の実績ができていき融資枠を広げられることが多いです。

サンクスダイレクトは銀行系などと比べるとかなり柔軟な審査が特徴

大手の消費者金融は融資の申し込みがあった際にはかなり機械的に「この人は過去に金融事故などを起こしていないか?」ということをチェックします。
大手の消費者金融の場合、ここで何か問題があったとなるとすぐに否決します。
それに比べるとサンクスダイレクトは過去の状況よりは「現在の返済能力」を重視して融資の審査をしてくれるようなところがあります。
大手の消費者金融では否決されてしまった、過去に金融事故(返済の延滞など)をしており、大手の消費者金融ではすぐに否決されてしまって審査をしてもらえない・・・という場合はサンクスダイレクトへの申し込みを検討してみるのも良いと言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。